3.11東日本大震災心に刻む集い

憶念~いのち悼み、いのち訪う~

  去・来・現のいのちを紡ぐ



2014年5月22日木曜日
仙台国際センター 大ホール
13:00開会 16:00閉会

ご案内・問い合わせ



第1部 いのち紡ぐ音・いのち紡ぐことば①
演奏: 山中信人&木津茂里(津軽三味線・太鼓・民謡)
被災地からの思い:岩手県2名・宮城県2名

第2部 いのち紡ぐ音・いのち紡ぐことば②
演奏: 山中信人&木津茂里(津軽三味線・太鼓・民謡)
被災地からの思い:福島県2名

第3部
命結(ぬちゆい)の歌
ミニライブ
加藤登紀子


Ustream放送をご視聴いただきまことにありがとうございました。


インターネットを通じて動画や音声を配信するサービスです。
ご来場できない方もパソコンなどを通じて生放送をご覧いただけます。

iPadでのご試聴は専用アプリが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

第三部 15:15分頃の予定です。

加藤 登紀子

TOKIKO KATOU

1943年ハルビン生まれ。1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」でレコード大賞歌唱賞を受賞。2011年東日本大震災後、度々被災地を訪れ避難所でもLiveを行っている。近著に自叙伝『青い月のバラード』(小学館)、「命を結ぶ」対談集(中央法規出版)、「君が生まれたあの日 未来への手紙~」(廣済堂出版)などがある。


YouTube-social-icon_red_48px.png



いのちを紡ぐ言葉

岩手・宮城・福島からのメッセージ

第一部13:20分 第二部14:40分頃の予定です。

山中信人

やまなか のぶと
中学校卒業後15歳で単身青森県弘前市に渡り、津軽三味線奏者「山田千里」の内弟子として民謡酒場に住み込み4年間修業。山田流師範となる。小椋佳創作ミュージカル、中島啓江コンサート出演などジャンルを越えた演奏活動も行う。現在はソロ奏者として演奏会、学校公演、講演会などで活動中。洗足学園音楽大学現代邦楽非常勤講師。

写真をクリックしますと公式ホームページがみられます。

第一部13:20分 第二部14:40分頃の予定です。

木津茂理

きつ しげり

民謡尺八奏者の父より民謡(唄)を、三味線界の大御所・本條秀太郎に三味線を、山田鶴喜美に鳴り物(太鼓)を師事。幼少より、テレビやラジオの民謡番組、舞台に出演。1997年、ウズベキスタンで開かれた第1回世界民族音楽祭に日本代表として参加し、審査員特別賞受賞。海外公演は、2010年上海万博(国際交流基金主催)、2011年極東ロシア(国際交流基金主催

写真をクリックしますと公式ホームページがみられます。